ライフケアとは?

人は誰でもいつかは死を迎えますが、最期の時を最善に迎えられるように支援する団体が増えています。

これをエンド・オブ・ライフケアと言います。

◇エンド・オブ・ライフケアとは?

エンド・オブ・ライフケアというのは、終末期ケアを最善なものにするための支援の事です。

高齢化社会に伴い、今後もエンド・オブ・ライフケアを考える機会は増えることが予測できます。

千葉の、とある看護研関連施設で、エンド・オブ・ライフケア定義を発信しています。

最善というのは人により事情は変わりますが、人生を終えた時の最後のセレモニーは葬儀となりますので、葬儀の事についても考えるのは大切な事です。

◇葬儀について

千葉県内でも葬儀場は各地に存在しています。

習志野、成田、船橋、松戸など主要都市には、比較的大きな斎場がありますし、他にも各自治体により公営、民営、お寺、葬儀社の式場などで行います。

エンド・オブ・ライフケアを考える場合は、家族ともよく話し合う必要があります。

もしも自分がライフケアを考える場合は、残された家族が葬儀を執り行いますので、どこでやるかなどを考えておくのも大切です。

◇まとめ

今は生前葬なども行えるようになっていますから、葬儀に関する選択肢は増えています。

葬儀は頻繁にあるわけではありませんから、初めての場合は戸惑ってしまいます。

こういう時は地元の葬儀屋に相談するのが一番いいかもしれません。

見積もりをしてもらい、対応などでどこにするか決めていきましょう。

カテゴリー: エンド・オブ・ライフケアを考える パーマリンク