千葉でも行われる社葬と個人葬の違い

会社を経営している社長が亡くなると、葬儀を社葬にする事があります。

社葬と個人葬の違いを見てみましょう。

◇社葬と個人葬について

千葉でも会社を経営している人はたくさんいますが、もしも会社の社長が亡くなったとしたら、葬儀をどうするか決めなくてはいけません。

社葬をするのは必ずしも会社社長だけとは限らず、創業者、会社に大きく貢献した人、役員や社員でも社葬をする事はあります。

千葉の会社に勤めている人が、仕事中に事故を起こし亡くなったような場合は社葬をする事も少なくありません。

会社では社長や会社にとって重要な存在でも、その人の家族にしてみれば家族の一員ですから個人葬をしたいと考える事もあります。

こういう場合は先に個人葬を行い、後日セレモニー的に社葬を行う事もあります。

◇社葬の喪主

社葬の場合喪主は法人、つまり企業という事になります。

個人葬と社葬の両方を行うのが難しい場合は、社葬を合同葬という形にして、社葬と個人葬を同時に行う事ができます。

社葬や合同葬は、著名人や芸能人が亡くなった時にも多く選ばれます。

◇まとめ

社葬というと会社社長や会長のために営まれるイメージですが、貢献度の高い社員には、企業が社葬として営む事も珍しくありません。

千葉でも社葬や合同葬は行われます。

■合同葬の際に必要なマナーは知っておいて損はないですよね。
–>http://careerpark.jp/12948

会社のトップが亡くなった場合、後継者のお披露目を兼ねて社葬をするというケースもあります。

社葬や合同葬はある程度大きな規模の葬儀になるので、依頼する葬儀社選びも重要です。

カテゴリー: 葬儀のスタイル パーマリンク