一日葬とは?

千葉で葬儀を行う場合は、いくつかのスタイルから選ぶ事ができます。

もちろん千葉に限らず全国でも同じですが、その中に一日葬というのがあります。

◇一日葬とは

通常は人が亡くなると通夜、告別式というように葬儀を行いますが、一日葬は葬儀と告別式を一日で行います。

比較的新しい葬儀スタイルという事もあり、まだあまり世間には浸透していませんが、一般的な葬儀に比べると、遺族の経済的や体力的な負担を軽減できます。

◇一日葬の特徴

高齢化が進むなか、誰かが亡くなっても体力面や交通手段などの理由で、直ぐに駆けつけるという事が難しくなっています。

この場合通夜と告別式の両方に参列するのも難しくなるため、余裕がありません。

一日葬なら短い時間でも、故人を弔う事ができます。

通夜や告別式を行うと、料理や香典返しなど何かと費用がかかります。

その点一日葬なら、通夜も告別式も一度に済ませるため、経済的な負担を軽減できます。

高齢化社会も深刻な問題ですが、長引く不況で経済的な理由から直葬を希望する遺族が増えています。

この場合一日葬にすれば、直葬よりも、故人とお別れをする時間が多く取れるので、ここ最近増えています。

◇まとめ

千葉でも各地で葬儀が行われますが、今は葬儀のスタイルが増えています。

葬儀に対する考え方も変わってきているので、選択肢が増えるのはメリットになる事も増えます。

一日葬や直葬でも、決して手抜きをしている事にはなりませんから、ライフスタイルに合った葬儀を選んでください。

カテゴリー: 葬儀のスタイル パーマリンク